40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

のどごしのいいスムージー

読了までの目安時間:約 2分

 


先週、久しぶりに体調を崩しました。
37度5分くらいの微熱があったのですが、発熱したのは半年以上ぶりです。
この冬は風邪もインフルエンザももらわなかったので、病気はかなりごぶさたでした。
高1の娘が先行して風邪をひいていたので、どうやらうつってしまったようです。

ちょうどビタミンやミネラルがたくさん入ったスムージーを飲み始めてすぐに熱っぽくなってきたのですが、これはおそらくスムージーとは関係ないと感じられます。
風邪は普通潜伏期間が数日ありますので、そう考えると感染したころにはまだスムージーをはじめていませんでしたので。

熱っぽくてだるい日が3日ほど続きましたが、やはりお母さん業は休むことはできません。
それでもひざやふくらはぎ、腰といった下肢が傷みます。
のども痛くて、ものを食べたい気になりません。
そんなとき、唯一スムージーはのどを通ってくれました。
冷たくてのどごしのいいスムージーを、毎朝作って飲んでいましたよ。
作るのすらしんどくてつらかったですが、これさえ飲んでいればお昼まで何も飲食しなくても大丈夫!という気持ちで気持ちを奮い立たせていたんです。

そういえばわたしの風邪と同時期に、小3の娘がひどい口内炎になっていたのですが、スムージーを飲み始めてからみるみる治っていきました。
その様子をふとんのなかから眺めながら、わたしの風邪にもきっとスムージーが効いているに違いない!と自分に言い聞かせていましたね(笑)
その後は通算5日くらいで関節の痛みも治まり、のどのいがらっぽさも消えて開放に向かい始めましたが、まだ全快ではありません。
すっきり万全な状態を目指して、引き続きビタミン・ミネラルをしっかりスムージーで補給しながら過ごしたいと思います。

スムージーの利尿作用

読了までの目安時間:約 3分

 


3日前から、朝に手作りのスムージーを作って飲むようにしています。
新鮮なフルーツや野菜を食べる機会が減っているので、何か体にいいことがしたいと思って始めることにしました。
朝はあまり食欲が湧かないのですが、どろどろしたスムージーなら半分液体みたいなものなので、苦労することはありません。
かまないこともよくないので、多少のツブツブを残すように加減して、かんで飲み込むように工夫しています。

飲み始めて2日目で、驚くべき変化がありました。
それは排尿の回数がめちゃめちゃ増えたこと!
これまでは正確に数えていたわけではなくても、一日に10回もお手洗いに行っていなかったと思います。
それがこの日は倍くらいの20回程度は行きました。
さっき行ったと思ったのにまた?という感じで、自宅にいる日でよかったと心底思いました(笑)

あまりに排尿がすすむので、逆に脱水が怖くなってしまって、どんどん水分を取るようにしたのが余計に排尿を促進させたのかもしれません。
ですがいつも夕方くらいから手足がむくみ始めていたのが、この日は寝る前になってもいっこうに気になることはありませんでした。
そして心なしか、あご周りもすっきりして見えます。
さすがに一日20回もトイレに行ったら、むくむ水分もなくなるのかもしれないですね。

調べてみたら、生野菜や果物を使うスムージーには、カリウムが豊富に含まれているとのこと。
そしてカリウムには利尿作用があるので、排尿の回数が増えるんだそうです。
それにしても、わたしにはカリウムが効きすぎるほど効いたということなんでしょうかね。
ちなみに今朝もスムージーを作って飲みましたが、排尿は好調です。
この調子で体内の余分な水分が排出されて、適正な量になったらいいなと期待。
しばらく続けてみて、むくみ改善効果についてまたご報告できたらいいなと思います。

むくみが気になる!

読了までの目安時間:約 3分

 


7月に入り、最高気温がぐんと上がってきました。
梅雨はまだ明けていないけれど、晴れの日にはもう真夏かと思うよな日差しがガンガン照り付けていますね。
熱中症にならないように水分をしっかりとるのはもうこの季節にはマストですが、そのせいかこのごろ夕方くらいから、手足がむくんでくるような気がしています。
手はグーにしたときにちょっと違和感があるなと感じるので分かります。
そして足は、お風呂場の鏡に映るふくらはぎの太さで分かるという(笑)
こんなに足太かったっけ?って思うのが数日続き、わたしもしかしてむくんでる?と気付いたんです。

寝る前のふくらはぎマッサージ
ですがむくむのがイヤで水分を控えるというのは根本的に間違っていると思いますので、時間とともに下がってくる水分を、また上に戻してやることを考えています。
おとといから始めたのは、寝る前のふくらはぎマッサージです。
寝る準備をすべて整えたら、布団の上にあおむけに寝て、足を持ち上げます。
そしてその状態をキープしたまま、くるぶしからふくらはぎを少しずつもみほぐしていきます。
ひざまできたら、またくるぶしに戻り数回繰り返します。
これがとても気持ちいんですよ。
やれば目に見えてふくらはぎの太さが変わる!っていうことではないのですが、停滞しているリンパを少しは流せているような気になります。

ふくらはぎが終わったら、次は両手を上に上げてブラブラと振ります。
そして片手で逆の手首をつかみ、そこから下へと軽く圧迫しながらずらしていきます。
足と同じ要領ですね。
リンパはそのまま放置しておいたらどこにも流れて行ってくれないので、一日に一度でもこうやって押し流すことは有効なのではと思います。
あと、むくんでいるなと感じたら、トイレにいくことも地味に心がけています。
水分がたまるタンクをからにしておくこと、そしてむくみ流しのマッサージをすることで、少しでもめぐりのいい体になれたらと思います♪

氷が食べたい!

読了までの目安時間:約 3分

 


肝機能の数値が悪くなり、低用量ピルの副作用を疑い服用をやめて、そろそろ10か月になります。
毎年夏に健康診断をしているので、どれくらい肝機能の数値が改善しているかは分かりませんが、わたしにはひとつ気がかりなことが出てきました。
それは貧血がまた悪くなり始めているのではないかということ。
低用量ピルを飲み始めたのは、あまりにひどすぎる生理の出血を改善するためでした。
そして服用している4年間で、ヘモグロビン値が正常値の範囲になるまでに改善していたんです。

ですが低用量ピルをやめてからは、すぐに生理がしっかり来るようになりました。
そして出血量も以前と変わらない様子にまで戻っています。
なので貧血になる要素はたくさんあるんですね。
いちおうわたしも、出血するにまかせているわけではなく、毎日鉄分を補うべく鉄分飲料を飲んだり、鉄分入りチーズを食べたりして工夫はしているつもり。
それでもやはり人よりもかなり大量に出血してしまうわたしなので、トータルで見ると毎月少しずつ貧血は悪化しているような気がします。

そう感じる理由は、氷が食べたくなってきたことです。
貧血がとてもひどかった時代、わたしは異常なくらい氷ばかり食べていました。
いわゆる異食症のひとつ、氷食症です。
低用量ピルで貧血が改善してくるにつれて氷を食べたい気持ちがどんどんなくなり、去年の夏までは本当に氷を食べなくなったなあ~と自分でも感じていたんです。
だけどこの夏は、じわじわと氷が食べたい気持ちが増していて、飲み物を入れにいくたびに氷をたくさん入れてしまう自分がいます。

とりあえず夏の人間ドックで貧血の数値をチェックしてもらってから、どのような対策をしていけばいいか考えようと思っているところ。
肝機能の改善の方がたしかに貧血よりも大切ですが、両方をいい感じに保つ方法はないものかと思います。
なかなかうまくいかないものだなあと、ちょっとため息の日々です。