40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

自分ならどうする?

読了までの目安時間:約 3分

 


小林麻央さんの悲報に接し、いろいろ考えさせられている女性はとても多いと思います。
まだ34歳という若さだったから病気の進行が早かったというのもあるでしょうが、女性ならどの年代でも、自分なら同じ立場になったらどうするだろうと考えるはず。

わたしなら…と考えてみました。
うちは子どもたちが15歳と8歳ですが、まだまだ母親が必要なことには変わりありません。
これから高校・大学・社会人・恋愛・結婚・出産と人生のステージがどんどん進んでいきます。
いろんな場面で母親の助言が必要になってきます。
それに大きくなってきたとはいえ、やはり母が抱きしめてあげないといけないことも多々あるでしょう。
そんなとき、写真に話しかけられるのではなく、実際に抱きしめてあげたいですよね。
なのでわたしは、迷わずガンを切除すると思います。
ためらうことはまったくないと思いますね。
なるべく早く手術ができる日取りを聞いて、最短でできるように手続きするでしょう。
どこをどれだけ切って、髪がどれだけ抜け落ちてしまっても、子どもたちと一緒に生きていきたいからです。

たとえ切ったからといって、その後の進行が抑えられなかったり、転移してしまうことはもちろんあるでしょう。
それでも「あのとき切っていればよかった」と後悔することはないはず。
麻央さんの選択は麻央さんだけのもので、そのときによくよく考えたことだと思いますし、それに対してどうこう言うことはできないと思います。
だけど多くの女性に、それを考える機会を与えてくれたことが、麻央さんの功績なのではないでしょうか。

子どもさんはまだ5歳と4歳。
麻央さんの心中は察して余りあります。
それを思うにつけ、やはり子どもたちが大人になって出産するまでは、せめてそばにいてあげたいという気持ちが新たになりますね。
9月の健康診断で、今回もしっかりと乳腺超音波と子宮がん検診をオプションでつけてもらって受診してきます。
何事もなければそれにこしたことはないですし、もし異常があれば早期で発見できることを祈っています。

自分にぴったりのダイエット法は?

読了までの目安時間:約 3分

 


40代になっていくつものダイエット方法を試してきたわたしですが、やっぱり思うことは、いくら効果のある方法でも続けられないと何の意味もないということ。
もっと突っ込んで言うと、そうすることで何か他の楽しみやヨロコビを見いだせないと、続けるのは難しいですね。

そういう意味では、これしか食べてはいけない、またはこれは食べてはいけないというダイエットは続きにくいです。
朝バナナダイエットなんかもやりましたが、いくらバナナが好きでも朝にバナナしか食べてはいけないのは、心理的につらいものがあります。
なのでよほど好きな食べ物で、毎日食べてもいっこうに苦にならないというものじゃない場合、そのダイエットは挫折しがちだといえます。

また筋トレ系もいろいろやりましたが、特別に時間をとって何セット絶対にする!というのも続きにくいですね。
普段のダラダラした生活が心地いいと感じている人に、これだけの運動をこのタイミングでしなさいっていうのは、苦行でしかないからです。
なので筋トレ系や運動系のダイエットをする場合は、それに付属した楽しみをもうけてあげないと続けられないんですね。
ただただストイックに運動し続けるだけというのは、よほどそれに喜びを感じる人でないと難しいでしょう。

ちなみにわたしが今やっている、踏み台昇降ダイエットはなかなか楽しいです。
なぜなら、踏み台をしながら大好きな海外ドラマを見ているから。
足には機械的に踏み台昇降をしてもらいながら、頭は海外ドラマを楽しんでいるという感じですね。
10分ごとに踏みあがる足を左右チェンジするという点だけにしか、頭は使っていません。
これまでドラマは座って何か飲みながら見るものだってなんとなく思い込んでいたんですが、下半身は運動しながらというのでも、まったく支障なく見られることが分かりました。
なので問題なく続いているんだと思います。

そしてもうひとつ、体重も体脂肪も測らないというのがまたいいんです(笑)
限りなくゆるく、自分にプレッシャーを与えず、好きなことをしながらできる運動をする。
これが自分には一番合っているダイエット法だと思っています♪

踏み台昇降はゆるいペースで♪

読了までの目安時間:約 3分

 


踏み台昇降を2週間ほど続けていますが、とてもいい感じで毎日過ごせています。
前回やっていて続かなかったのは、おそらく体重や体脂肪率を毎日計測して記録につけていたことと、土日もやらなければ!と気負っていたことが原因だと思います。
今はかなりゆるくしていて、体重や体脂肪率はやせてきたなと思ったらたまに測ってみる、平日だけやって土日は休むというルールなんです。
これくらいの縛りがわたしにはちょうどいいんだなあと実感しています。

土日に運動しないことで、せっかく締まってきた体が戻ってしまうんじゃないかと思っていたのですが、実際にはそんなことはないですね。
多少たるんだなと感じても、また月曜日から5日間連続で運動することによって、しっかり締め戻すことができるんです。
それに先日雑誌で読んだのですが、筋肉は時々休ませることで成長するという事実があるんですよ。
これには諸説ありますが、筋トレは隔日でやったほうがいいと提唱する人もたくさんいます。
毎日やるのがいいのか隔日がいいのか悩むところですが、これは実際にやってみて自分の体に聞いてみるのが一番いいのではないでしょうか。
わたしの場合は、平日は毎日やって土日に休むというのが、今のところしっくりくるなと感じています。

数日前くらいに一度体重を測ってみようかな~?と思ったんですが、なんだか面倒くさくなって体重計を出すのをやめました。
気がのらないときには測らないほうがいいんだと思います。
自分がいま何キロなのか、体脂肪率が何パーセントあるのかなんて考えないほうが、運動に集中できるんですよね。
毎日測っていた以前は、今日の運動で何グラム減ったんだろうなんて、しょうもないことばかり考えていた気がします。
それに体脂肪率が減っていた日には気が緩んで、スイーツを食べてしまったりもしていましたし、精神衛生上あまりよくないなあと思いますね。

明日からまた一週間が始まります。
ゆるーい気分でまた踏み台昇降40分、頑張っていきますよ♪

踏み台昇降を再開しました!

読了までの目安時間:約 3分

 


冬場にしていてしばらくお休みしていた踏み台昇降運動を、再びスタートしてみました。
踏み台昇降は40分~1時間くらい時間をとられてしまうので、仕事や家事をしていてバタバタしているときにはあまり向かない運動だと感じます。
有酸素運動としてとても優れているとは思うけれど、自宅で仕事をしていてどんどん案件が入ってくるようになった冬場からは、ちょっと踏み台昇降をする時間が取れずにいたんです。

ですがあまりにも体がたるんできて、見た目がおばさんくさくなってきたと自分でも感じ始め、やはりこれは毎日一定時間の有酸素運動が必要なんだな~と思うようになりました。
とはいってもこの忙しい日々にどうやって1時間もの運動スケジュールを入れるのか。
だけどできないと言っていては、そこで何もかも終わってしまいますよね。
そこでわたしは、これまで家事が終わってなんとな~く始めていた仕事を、きっちりと時間を決めてやることにしました。
9時半始業ということにし、取引先からのメールやチャットなどにも、その時間までは応じないことにしたんです。
そうしてみると、特に支障もありませんでした。
ちょっとでも早く作業に取り掛からないと!って思い込んでいましたが、そんなことをする必要もなかったということがよく分かりましたよ。

今は小学生を送り出し、7時50分くらいから踏み台昇降をするといったスケジュールです。
両手に1キロのダンベルをそれぞれ持ち、前後に振りながら昇降すると、すぐに汗をかきはじめます。
わたしはだいたい40分~50分くらい昇降しているので、その間にとりためていた海外ドラマを1本見ちゃいます。
あまり間にCMが挟まれていないものが、時間的にもちょうどいい感じ。

踏み台だけをもくもくとやるとなると、チラチラ時計を見てしまって落ち着かないんですが、ドラマを見ながらやると苦にならないのでおすすめです。
終わると汗がいっぱい出ていますが、すぐにシャワーに行くと脂肪の燃焼が止まってしまうとのことなので、汗が引くまで待ちます。
その間にふくらはぎのマッサージをしたり、水分補給したりするといいと思います。
数値にこだわってしまうのがイヤなので、今はあえて体重や体脂肪率などは測っていませんが、明らかにスリムになってきたと感じたら、一度計ってみてまたご報告したいと思います♪