40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

鉄分ドリンク始めました!

読了までの目安時間:約 3分

 


わたしは若いころからずっと貧血気味で、第二子を妊娠しているときには、注射で強制的に鉄分を補給しないと出産するときに危ないと言われるレベルに。

わたしは予定帝王切開だったのですが、その日までに貧血が一定の数値まで回復しないと、その病院で出産することができないとのことで、1日おきのペースで病院に通っていました。

無事に出産予定日までに最低ラインをクリアし、帝王切開もできたのですが、産後に再会した生理は以前にも増してひどくなっていました。

第二子が4歳になったころ、もう日常生活もフラフラしてままならない状態になったので、貧血の治療としてひどすぎる生理を低用量ピルで軽くし、コントロールすることに。

4年間の治療で貧血は正常値まで改善し、このまま続けていこうと思っていたところ、肝臓の数値が悪くなり、低用量ピルを飲むことができなくなってしまいました。

すぐに貧血が一気に悪くなってしまうことはないでしょうが、ひどい生理はすぐに戻ってきてしまいました。
これからはまた生理と付き合っていかなければなりません。
しかも更年期ということで、23日周期という短い周期でひどい出血がやってきます。

しっかり対策しておかないとまたフラフラする生活に逆戻り。もうあんなことはいやなので、日常生活でできることを考えてみました。

貧血の予防には普段の食事で鉄分を摂るのが一番いいのですが、正直言って十分な鉄分を毎日摂り続けるのは難しいもの。

成人女性は一日に10~15㎎の鉄分が必要なのですが、わたしはそのうちのおよそ半分にあたる7.5㎎を鉄分ドリンクで摂取することにしました。
乳酸菌飲料くらいの小さいサイズのドリンクなので、朝起きてすぐにぐいっと飲んでしまいます。

思い返せば貧血がどんどん悪くなっていった時代にも、特にこういった鉄分ドリンクを飲んだりするケアはしていませんでした。

毎日少しずつでも鉄分を体に入れていくことで、失われる一方の鉄分を少しでも補うことができると思います。
プルーン味でまあまあ味も許容範囲(笑)
お値段もさほど高くないので、必要経費だと思って続けていきたいと思います。

更年期のサイン?

読了までの目安時間:約 2分

 


肝機能障害ということで、4年間飲んだ低用量ピルを中止しました。
少しの間はまだ低用量ピルの作用が残っているんだろうなあ~と思っていたら、次の生理はあっけなく訪れました。
なんとその周期は24日。これはちょっと予想外に早かったです。
その時は「やめて間もないしまだ安定していないんだろう」と考えていたのですが、その次の生理は23日できてしまいました。
ここへきて、4年前とは生理周期が変わってしまっていることにようやく気付いたのです。

4年前は、わたしの生理は平均の28日よりも遅く、だいたい30日周期できていました。長いぶん生理も重く、そのために貧血気味になっていたんですね。
低用量ピルを飲み始めてきっちり28日周期になり、出血も最低限に保てるようになったのですが、やめると一気に23~24日周期になってしまったのは、どういうわけでしょう。

さっそく調べてみたら、なんと更年期の症状だということがわかりました。
40代の前半は、生理周期が短くなってくるのが普通なんだそうです。
そして40代も後半に入ってくると、次第に周期が長くなっていき、どんどん間が空いていき、1年以上生理が来なくなって、閉経を迎えるということなんですね。
低用量ピルを飲んでいた4年間で、わたしの体は更年期に入っていたんです!ピルで28日周期を作っていたから、わたしが気付かなかっただけなんですね。

これからはこの頻発月経とお付き合いしていかなくてはなりません。
なかなか気が重いですが、低用量ピルは肝機能障害の原因になるためもう飲めません。一か月に2回生理が来るという貧血にはよろしくない状態ですが、更年期だということでまるごと受け入れていきます。
どのように工夫すれば頻発月経と上手に付き合えるのか。いろいろと模索してまたこちらでお話できたらと思います。

のどを痛めてしまいました

読了までの目安時間:約 2分

 


この秋、もう2回ほどのどを痛めています。

1回目は雨が多く急に気温が下がる日が続いた9月半ばのことでしたが、それからひと月たたないくらいで2回目があるとは思っていませんでした。

その原因はたぶん野焼きです。

娘をスイミングスクールに送っていく途中に田んぼがあって、ちょうど稲刈りをしていたんですね。
その時に出るもみがらを盛大に燃やしていて、もうもうと上がる煙の中を走らないといけなかったんです。

その日の夜くらいからのどがいがらっぽくなって、翌朝にはしっかり痛くなってしまいました。
左の扁桃腺だけなんだか腫れているようなので、痛めたところにばい菌が入ってしまったのかもしれないですね。

わたしは扁桃腺が腫れると、耳や歯茎、そして頭まで痛くなってしまうのでイヤなんです。
しかも首や肩が凝って、背中も痛くなります。
頭もぼうっとしてすっきりしませんし、その状態が3日ほどは続くので困りますね。

もうスイミングスクールまですぐのところまで来ていたので、野焼きの煙を迂回するのが面倒で、ついもうもうと立つ煙の中を走ってしまったのですが、数分ロスすることになったとしても迂回しておけばよかった…と悔やまれます。

後ろに載せていた娘は服のそで口で鼻と口を覆っていたので、今のところ大丈夫そうなのが救いですね。

一度扁桃腺が腫れてしまったら、もうどうすることもできません。
腹をくくって、数日間のんびりだらだら過ごすつもりです。

のどや鼻が弱い方、稲刈り後の野焼きは見かけたら迷わず迂回してくださいね!

消化器内科へ行ってきました!

読了までの目安時間:約 2分

 


8月20日に人間ドックに行き、肝機能障害ということで診断書が出てひと月ちょっと。
ようやく消化器内科へと足を運んできました。
どうしてそんなに期間が空いたのかというと、まず肝機能障害の原因となっているかもしれない低用量ピルをやめてみて、しばらく経たないと数値が変わらないと思ったからです。

調べてみると低用量ピルの作用が抜けるまでに一月ほどかかるというデータがあったので、これはすぐに受診してももう一度来てくださいという話になるなと予測できたんですね。

また同時に、脂肪肝の原因となっている太り過ぎを少しでも解消したかったというのもあります。
1キロでも2キロでもダイエットして、肝臓へかかっている負担を少なくしたかったんです。
結果的には1キロ程度しか減量することができませんでしたが、紹介状を持っていざ消化器内科へ。

いちおうネットで近隣の消化器内科の評判などを調べてみて、一番いいと思われるところにしたのですが、これは正解だったみたいです。
クリニックの受付には偶然に旧知の友人がいて、のちに彼女に聞いたところ、「先生は何でも見るけれど本当は肝臓の専門医で、患者さんからの信頼も厚い」ということでした。

診察室に入って診察してもらっていると、おなかの上から触っただけで肝臓の大きさなどを言い当てられ、今は人間ドックを受けたときより状態はいいようだと言ってもらいました。

いちおう肝炎の検査をしておきましょうということで血液検査をし、結果は来週聞きにきてくださいねとのこと。
中性脂肪や高コレステロールについては、食事療法とダイエットで改善していくと思います~とのことでした。

肝炎になっていなければ、肝機能障害は一時的なもので、これから改善していくことができそうでほっとしています。
来週血液検査の結果を見て、またご報告させていただきますね♪

オメガ3脂肪酸サプリはじめました♪

読了までの目安時間:約 2分

 


肝臓の機能が下がっているということが発覚し、そこからは低用量ピルをやめたり、原料に取り組んだりといろいろ行動しています。
まだ病院に行っていないのでい、実際のところどれくらい肝臓がよくなっているのかは分かりませんが、何らかの変化はそろそろ現れるころじゃないかなと思います。

明後日に初めて消化器内科を受診する予定なのですが、それに先駆けてもうひとつ、肝臓によさそうなことを取り入れてみることに。
それは青魚に含まれるオメガ3脂肪酸のサプリを飲むこと。
何がいいのかなあ~といろいろ調べてみたのですが、オメガ3脂肪酸は脂肪肝の改善にいいという情報が多く得られたのと、それ以外にも中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるということが分かったからです。

脂肪肝&中性脂肪高い&コレステロール値高いというわたしなので、これはぴったりじゃないか!と思いまして、
いろいろあるサプリメントの中からコスパのいいものを選んでポチってみました。
2か月で3500円くらいのオメガ3脂肪酸サプリを見付けたので、これを毎日6粒せっせと飲んでいるところです。

まあ数日これを飲んだからといって、明後日の検査でびっくりするくらい肝臓の数値がよくなっているとは思っていませんが、
これから長く飲み続けることによって、少しずつ改善していってくれたらいいなあと。

また来年8月に人間ドックを受けるので、残り10か月でまあまあの数値になれるようにというのが目標です。
カメの歩みのような減量だけではこころもとないですが、オメガ3の力も借りればちょっとは数字の上で変化が現れるんじゃないかなあ~と期待してます。
ではまた、消化器内科の受診の結果をこちらでご報告しますね!