40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

その目の不調は老眼かも?

読了までの目安時間:約 3分

 


40代になると、早い人は老眼になり始めると聞いてはいました。
気になったので調べてみたところ、45歳以上になるとほとんどの人が老眼を感じているのこと。
自分のことを振り返ってみると、そういえばなんだか以前と見え方が違ってきているような気がします。
遠いところを見ていて手元をぱっと見たとき、逆に近くから遠くに視線を移したときに、ピントが合うまでに時間がかかっているようにも思いますね。
ただドラマなどで、老眼の人がスマホで本を読むときに目から離しているような、ああいう行動をすることはありません。
今自覚があるのは、疲れ目がひどくなったこと、そしてかすみがあることです。

一日を振り返ってみると、朝は比較的ものがよく見えていますが、夕方から夜になってくるとだんだん見にくくなってくるように思いますね。
目のピント機能が、夕方になるにつれて効きにくくなってきているのだなあと感じます。
もともと視力の良い人は老眼になるのが早いと聞いたことがありますが、私は元から視力が0.1もないくらい悪いので、40代半ばになるまで気づかなかったのかもしれないですね。

友人に現状を話したら、老眼用のサプリメントがけっこういいよと教えてくれました。
1週間ほど飲んだら、遠いところから近くをぱっと見たりしたときのピントが合うまでの時間が短くなったような気がするとのことでした。
目の調子といっても前日との違いがよくわからず、こんなものだろうと思いがちですが、どんな人も中年になると少しずつ老眼は進行しているんだと思います。
眼科に行くと老眼かどうか調べてくれるらしいので、次に何か目の不調を感じた時に、眼科で老眼かどうかも調べてもらおうかなと思っています。
もし目の不調の原因が老眼でなかったら、何か病気が隠れているということですしね。

しかし45歳を過ぎたらほとんどの人が老眼を感じているということなので、この目の不調も特別なことではないのだと知り、ちょっとほっとしました。
自分の体が老いていくのを認めるのは辛いけれど、みんなが通る道なのなら仕方がないですよね。
嘆くばかりでなく、前向きに受け止めて行けたらな~と思います。

将来視力を上げるなら…

読了までの目安時間:約 3分

 


最近、年齢的に老眼が入ってきたのか、ものが前よりみにくくなったなぁと思うことがあります。
私はもともと目がとっても悪く、現在0.1もない状態が続いています。
最後に眼科で視力測ったのは、25歳位のことで、その頃で0.3とか0.2くらいだったと思います。
医師から処方箋を書いてもらって眼鏡を作ったのはそれが最後で、それ以降は新しいメガネを作るときにも、前のメガネと同じにしてくださいという感じで作ってもらっています。
人間ドックに毎年行っていても、視力は測定不可能と出るだけです。
まあかなり悪いことは確かってことですね。

家の中で過ごすぶんには特に支障ないのですが、外にいくときにはやはり見えづらさを感じることがあります。
電車に乗るときには切符の金額表示板が見えないし、各線が乗り入れている駅に行くと、案内表示の字が見えないのでわからないこともあります。

もしこれから目の矯正をするなら、メガネとさよならする生活がしたいですね~。
そのためレーシックも視野に入れていますが、やはり角膜を削ることにちょっと不安があるんです。
ちょっと調べてみたら、レーシックは年々進歩していて、最近では角膜を削らない方法もあるんですね。
角膜につけた小さな傷から、眼内レンズを入れるという手法もあるようです。
この手法だと、もしその後視力が変わってしまっても、レンズを取り出して、新しいレンズに入れ替えることもできるとか。
もしやるならこの方法かなと思うのですが、ウン十万円と金額が高いので、今すぐにできるわけではありません。
だけどこの先お金をコツコツ貯めて、もしレーシックを受けるとなれば、眼内レンズの方法でやれたらいいなと思います。
その頃には、老眼も一緒に改善できるようなレンズを入れられたらいいですよね。

私はパソコンで仕事することが多いので、老眼対応で手元も遠くもよく見えるみたいなことが実現できたら最高です。
今までぼやけて世界で生きてきたので、急にクリアになってしまうと、脳みそがびっくりするかもですが(笑)
この先何歳まで生きるかわかりませんが、今のまんまでいいやってあきらめてしまわず、もっと生活の質があげられるなら、ぜひそうしたいなと前向きに考えているところです。

モバイルのブルーライトをカットしてみた!

読了までの目安時間:約 3分

 


私はパソコンやスマホをよく使うほうだと思います。
そのせいか、年齢のせいか分かりませんが、このところ目が疲れやすくなって、夜にはショボショボしてきます。
20代のころドライアイだと言われてコンタクトレンズをやめてからはもっぱら裸眼生活ですが、時計の文字盤が醜くなってきたという自覚もあります。

40代もなかばとなると、そろそろ老眼の時期でもありますね。
近視が強い人は老眼を感じにくいと言われますが、それに該当するわたしは今のところ近くのものにピントが合わないと思ったことはありません。
ですので今のところ、わたしの目の不調は老眼が原因ではなく、やはり日常的にモバイルを使っているのがよくないんだろうなあと感じています。

モバイルからはブルーライトが出ていて、それが目の網膜や黄斑部への刺激になってしまいます。
網膜や黄斑部は、加齢にともなってダメージをくらいやすい部位ですが、ブルーライトをたくさん浴びてしまうとそれが加速されてしまうんですね。
最近それを知ったわたしは、どうすればブルーライトをカットできるのか調べてみました。

まずスマホの場合は、ブルーライトカットフィルムを張る、ブルーライトカットアプリを入れる、iphoneのナイトシフト機能を使うという方法があります。
わたしはiphoneユーザーですので、このうちのナイトシフト機能を使ってみました。
設定→画面表示と明るさ→ナイトシフトで設定できます。
設定する時間帯は自由に決められますので、わたしは24時間ずっとナイトシフトモードになるように設定してあります。

またパソコンの場合、ブルーライトカットメガネをかける、ブルーライトカットフィルムを貼る、パソコン本体でグラフィックプロパティを呼び出し、色調整で青色の数値を-20(数値は好みで変更可能)に設定するという方法があります。
わたしはパソコン本体で色調を変えてみました。
変えてみると、とても画面が黄色がかったように思えましたが、すぐに慣れてしまいます。
そしていかにそれまでが青色がかった画面だったのかがよく分かりますよ。

とりあえずよく使うモバイルであるiphoneとパソコンのブルーライトをできるだけカットしてみました。
目の疲れははっきり数値化できるものではありませんが、目に突き刺さるような光の圧迫感を感じることは減ったように思います。
あとはモバイルの画面そのものを見る時間を減らしていくことで、目を少しでもいたわっていけたらいいなと思っています。

花粉症、今のところ発症せず!

読了までの目安時間:約 2分

 


例年2月の10日前後から、わたしは花粉症を発症してしまいます。
ある日急に鼻がムズムズしはじめて、くしゃみを連発。
2日もすると鼻水がダラダラ出て、鼻で呼吸ができなくなってしまいます。
それからは2ヶ月ほどマスク生活がつづくというのがいつものこと。
実際には、スギ花粉が飛び始める前から、PM2.5などの汚染物質にも反応しているんじゃないかなと思ったりもしていました。

ですが今年は、まだわたしの鼻は健康な状態を保っています。
鼻をかんだらたまに血が混じっていることがあるので、何らかの反応をしているようではあるのですが、まだ症状は出ていません。
この冬は、これまでにしていなかったことをしているので、もしかしたら花粉症にも効果があるかもしれない…という期待をしていたのですが、今のところいい感触です。

秋から酪酸菌を摂取しているのですが、これが花粉症の軽減にいいということを聞いているので、このまま続けていくつもりです。
厳密にいうと酪酸菌だけではなく、ビタミンCや甘酒も飲んでいるのですが、おそらくそれらすべての相乗効果で調子がいいのだと思います。
酪酸菌で腸の環境がよくなって、甘酒のビタミンB群で粘膜が健康になり、ビタミンCを継続して摂っていることで免疫力が向上しているのかなあと。

毎日花粉情報も見ているのですが、まだ今のところ少ないマークの日がほとんどです。
これからどんどん飛散するようになってくると、鼻水グズグズになってくるのかもしれませんが、それにしても今まだなんの症状も出ていないというのはありがたいです。
今年の様子を見て、来年からどのように花粉症対策をしていくか、参考にしたいなと思っています。