40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

甘酒を飲み始めて5か月が経過!

読了までの目安時間:約 2分

 


美容と健康のために甘酒を飲み始めて、もうすぐ5か月が過ぎようとしています。
最初はどれくらい飲めばいいか分からなくて手探り状態だったのですが、今では自分に必要な量がきちんと分かっています。
これより少ないとお肌にいい効果が出ないし、多すぎても飲むのがつらくなってしまうという量があります。

わたしは甘酒をマグカップの3分の1くらいまで入れ、そこに牛乳を注いで割って飲んでいます。
たまに飲み忘れることがありますが、1日くらいは大丈夫。ですが2日も忘れると、ちょっとお肌の調子が揺らいでくるのが分かるように。
わたしの場合は目の下あたりの肝斑やシミが濃くなってくるのでそれが察知できるんです。
なので何を忘れても甘酒だけは絶対に忘れないように気を付けています。

甘酒効果なのか、真冬のいまの時期でも、ひじやひざ、かかとはしっとりしています。
かかとだけ少しザラザラした感じはありますが、先月の法事のときのストッキングも伝線せずに済んだので、かなりいい状態を保っているといえます。
わたしは冬場お肌が乾燥してすごくかゆくなってしまうのですが、今年は体のどこもまだかゆくなっていません。
一度かゆくなると長く続き、つい書き壊して血が出てしまうのが常だったこれまでの冬とは違う生活ができるようになっています。

他の人がわたしと同じ量で効果があるかどうかは分かりませんが、一応大人女性Lサイズが、けっこういい感じのお肌を保っているということで、参考にしていただけるかなと思います(笑)
甘酒を始めようと思っている人には、まず1ヶ月飲んでみて!と言いたいですね。
最初の1週間でも効果を感じられると思いますので、ぜひ試してみてほしいです。

美容と健康にいいこと、続けていきます♪

読了までの目安時間:約 3分

 


去年の秋くらいから、美容や健康のために新しいことを始めています。
そして数ヶ月たってみて、これはよさそうだから続けていきたいというお手入れが定まってきました。

まず、お肌のために甘酒を毎日飲むということ。
これはもう、この先やめることはないだろうというくらい気に入っています。
飲み始めて1週間くらいでお肌に違いがあらわれはじめ、その後中断したらまたもとの状態に戻ってしまい、再開したらまたお肌の調子が上がってきたので、甘酒が効いているのは間違いありません。
わたしにとっての適量も分かりましたし、牛乳で割って飲むとおいしく飲めるということも分かったので、これからもこの飲み方で続けるつもりです。

もうひとつは酪酸菌とビタミンCを摂取すること。
おなかにいいといわれる菌はいろいろありますが、わたしの場合は甘酒に含まれるビオチンを食べてしまわない菌を選ぶ必要がありました。
なので酪酸菌を選んだのですが、これとビタミンCの組み合わせがとてもいいといわれています。
ビオチンと酪酸菌・ビタミンCを組み合わせたビオチン療法というものもあるくらいなので、この組み合わせは正しいのだろうと思っています。
こちらも取り組み始めて数ヶ月になりますが、体調が上向いてきたなという感じがあります。
大きく体調を崩すことなく秋を終えて冬を迎えているので、このままの調子で春まで乗り切れたらいいなと思ってます。

きっとこういうものは、目に見えて効果が出るというものではなく、気付いたら病気をしていないな、そういえば調子がいいなとなんとなく感じる程度なのではないでしょうか。
40年以上、甘酒や酪酸菌、ビタミンCなどとは無縁の生活を送ってきたわたし。
これから先40年生きるかどうか分かりませんが、美容と健康のサポート役として力強い味方を得たような気分。
手軽にできることばかりなので、ずっと欠かさず続けていきたいなと思っています。