40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

翌朝の風呂水には雑菌がいっぱい!

読了までの目安時間:約 3分

 


我が家では、いつもお風呂に最後に入った者が、風呂水洗浄剤を投入するようになっています。
ほぼ主人がその役目を担うのですが、その日は私が最後になりました。
いつもと順番が違っていたため、自分の役目であることをすっかり失念してしまったんです。

そして翌朝。
洗面所に行ったときから、すでに異様なにおいがしていました。
ひとことで言うと、ニンニクのようなにおいです。
昨夜のままのお風呂のフタを開けると、いつもとは違った濁ったお湯が。
わあ…となりましたが、結構なお湯の量が残っていましたし、自分だけが入るのですから「このまま追い焚きしてしまおう」と考えました。
10分ほど追い炊きして入ってみると、いい具合に温められたからかニンニクのようなにおいがさらに倍増していました。
はっきりいって入るのもためらわれるほどでしたが、寒い朝でしたし、体を温めたかったので、我慢して入ることに。
いつも朝から体が温まって体もきれいになり、いい気分で出ることができますが、その日はシャワーで入念に体を洗い流しても、まだにおいが残っているような気がしてすっきりしませんでしたね~。

気になって調べてみたところ、一晩置いたお風呂のお湯には、入浴前と比べて1,000,000倍もの雑菌がいるそうです!
人間の体に普通にいる大腸菌はもちろんのこと、黄色ブドウ球菌や緑膿菌などが繁殖しているのです。
これらの細菌は健康な人間には無害ですが、抵抗力の弱い人や、お年寄りや子どもには悪影響を与えることもあるとか。
そのことを知らずに私は入浴してしまいましたが、幸いなんともありませんでした。
ですがもしどこかに傷があったりすると、そこから感染してしまっていた可能性もあるということです。
そう考えるとちょっと恐ろしくなってしまいますね。

何気なく使っていた風呂水洗浄剤ですが、使うと使わないでは全く違っていたんだなということが、この出来事でよくわかりました。
何よりあのニンニクのようなにおい、あれは間違いなく雑菌が繁殖してしまったために生じたにおいでしょう。
これからは風呂水洗浄剤を切らすことなく余分に用意して、自分が最後になったときには忘れずに投入しないといけないなぁと。
家族みんなの健康のため、そして自分が朝に気持ちよく入浴するために、夜にチェックする習慣をつけたいと思います!

反抗期VS更年期!

読了までの目安時間:約 3分

 


長女がちょっと前まで受験で、反抗期がひどいのも受験のイライラのせいかと思っていたのですが、そうではなかったようです(笑)
高校生になり、部活も始まって忙しくなってくると、再びイライラ反抗する日々が始まりました。
ティーンの反抗期はホルモンバランスの急激な変化から起こると言われていますが、娘の体内でも今、大人になるためにいろんなホルモンが盛んに分泌されているのでしょう。
それに日々対応するわたしは、知恵を絞って上手にいなすのはもちろんのこと、気力を支えるための体力も必要だなあ~と実感しています。

ちょうど子どもが反抗期にさしかかるときというのは、母も更年期の入り口にきている微妙な年代。
更年期もこれまで順調に分泌されていたホルモンのバランスが崩れてくるので、いわばティーンの時期の逆バージョンだといえます。
同じ家のなかに、ホルモンバランスが崩れている女性がふたりいるのですから、これはかなりしんどくて大変なことなんですよね。
例えば15歳の娘と45歳の母が、毎日家でバトルを繰り広げる。
話し合いでいい方向へ向かえばいいけれど、そううまくいくことは少ないでしょう。
わけのわからないこと、筋の通らないことを言うのが大得意?の15歳と、イライラして言い過ぎてしまう45歳。
そのイメージがありありと脳裏に浮かびますよね~。

わたしも日々穏やかでいられるわけでもなく、2日に一度はピリピリ・イライラしてしまうのですが、すべて娘が原因だと思っていました。
ですが最近は、あまりにイライラして不安定になってしまうので、これは更年期の症状が本格的に出始めたのではないかと思い始めました。
言ってはいけないとわかっているけれど、暴言を吐いてしまう。
スルーしてあげればいいようなことがいちいち気になって、反応してしまう。
わたしは本来理論的でいたいという理想を持って生きてきたのですが、最近はこのような衝動にかられてしまうことが多いです。
これからまだ数年は続くと思われる長女の反抗期…お互いに悪い影響を与え合わないためにも、早めに婦人科を受診してみようと思っているところです。

娘のイライラと付き合う日々

読了までの目安時間:約 3分

 


このところ、自分のことではなくて、高校受験を控えている娘のイライラがつのり困っています。
自分でも分かっているようですが、日に日に感情のコントロールができにくくなってきているよう。
わたしや小学二年生の妹に当たるので、そういうことをしないように自分でコントロールしなさい、というと、それができないからイライラしてるんだー!とまたイライラ。
まあ思春期真っただ中、反抗期があって当たり前だとは思いますが、受験時期と重なるとこうもひどくなるのかと思います。
「おーおー今日もひどいなあ~」と荒れている娘の姿を面白がれるときもあれば、「それはさすがに許せねえ!」とカーッとなることもありますよ。わたしだって人間ですから。

40代の女性がしんどくなるのは、きっとこういう要素も含んでのことなんじゃないかなあとしみじみ思います。
自分自身が更年期でホルモンが乱れ、精神的にも不安定になっているところに、娘や息子の思春期のアンバランスさが重なるんですから。
現象としての反抗期は、もう時間が解決するのを待つしかないというのは、自分の経験からも知っています。
なのですぐに嵐が去ってくれとは思っていません。
ただ、何かできることはないだろうか…と考えた結果、脳にいいとされるDHAのサプリメントと、腸の調子を整える乳酸菌を飲ませてみることにしました。

今わたしはお肌の調子を改善するためにビオチン・ミヤリサン(酪酸菌)・ビタミンCのサプリメントを飲んでいます。
これを娘にも飲ませてやって、あとは中性脂肪を下げるために飲んでいるDHA・EPAサプリも分けてやることに。
お金はまあ倍ほどかかりますが、ちょっとでもイライラがましになったり、体調がよいと感じられるようになれば、精神状態の底上げができるかなと思います。
あまりにも毎日、わたしに注意されたり、父親からガツンと説教をくらったりするのは、本人の自尊心が回復するヒマがないですものね。
そしてそれが回りまわって、わたしの日々の平穏につながるんですから。
しかし、女性の40歳から50歳の間って、いろいろあるものですね。
みんなが通る道だと思って、小さな工夫を重ねながらぼちぼち頑張っていきます。