40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

日傘がさせない運動会

読了までの目安時間:約 3分

 


この日曜日に、小3の次女の運動会がありました。
8年ほど前から、運動会の日程が5月最後の週末になったんです。
長女が小学1年生のとき10月に行われた最後の運動会がありましたが、そのときは熱中症で何人もの子どもたちが倒れていたのを覚えています。
5月に変更になって、さわやかな気温のもとで運動会ができてとてもいいと思うのですが、この時期は日差しがきついので注意しなくてはなりません。

5月は春の終わりというイメージがありますが、実際にはもう夏といったほうがいいくらいの紫外線が降り注いでいます。
紫外線には3つの種類があり、UVC・UVB・UVAに分けられます。
このうちUVCは地表に届くことはありませんが、UVBとUVAがさまざまな悪影響を及ぼすのはご存知のとおり。
なかでも皮膚の深いところにまでダメージを与えるUVAが最も多いのが5月なんですね。

わたしもこれまで長く小学校の運動会に参加していますので、帽子と日傘のダブルで紫外線対策をしていました。
ですが今年から、規則が変わって日傘が禁止になってしまったんです。
かろうじてシートは小さな木の陰に敷くことができたので、半分くらい日陰になる場所で過ごすことができましたが、やはり娘の出番には観覧エリアに出向いて応援しますので、ずっと日陰にいることはできません。

また地面からの照り返しがいくらかありますので、つばの広い帽子をかぶっていても、下方面からの光は避けることができないんですね
帰宅して鏡を見ると、鼻の頭と首の一部だけが赤くなっていました。
日傘をさせないというのが大きなダメージとなってしまったようです…。

ですがお母さんたちのなかには、帽子もかぶらずに応援している人もちらほらいたので、あの人たちはいったいどうなっているんだろうと気になります。
何もケアしていなかった主人は、頭と顔はもちろんのこと、首元も腕も真っ赤になってひどいことになっていますが、それと似た状態になっているのではないでしょうか。

来年も日傘ルールは継続しそうですから、つばのさらに広い帽子を早いうちから用意しておかないといけないなと思っているところです。

甘酒いいですよ♪

読了までの目安時間:約 2分

 


甘酒を飲み始めて半月ほどが過ぎました。
実感としては、甘酒めっちゃイイ!!です(笑)

ほおの広い部分のシミと赤みに効いているような気がするというご報告を前回しましたが、それは日に日に明らかになってきています。
左右対称に広がる茶色い肝斑が、あるにはあるけれどかなり薄くなっているのが自分でもわかります。

あと、前回にはまだよく分からなかったのですが、最近では目じりの小じわもなんとなく目立ちにくくなっている気がします。
なんとなく見た目が若くなったような気がしないでもないかな~という感じですね。

自分にいい量というのも、次第に分かってきました。
最初のころは濃縮タイプを知らずに買っていて、しかもコップになみなみ1杯飲んでいたので、飲みにくかったしなんだかおなかの調子が悪くなっていました。

最近ではもっとさらっとしたそのまま飲めるタイプのパックを買って、それを半分ずつ分けて1日1杯飲んでいます。
量としてはだいたい80ccくらいかなと思いますが、さらにそこに牛乳を加えてコップ1杯になるようにしています。
そうすることで甘酒独特の甘ったるさも軽減されて、なかなか飲みやすくなるんですよ。

この甘ったるさは、砂糖ではなくてブドウ糖の甘みなのですが、中学生の娘は「甘すぎる!」と受け付けないようでした。
また娘はわたしが飲んでも大丈夫な量でおなかがゆるくなってしまったので、甘酒をどんな人でも飲めるというわけではなさそう。

ですがもし甘酒特有の甘ったるさがイヤではなく、おなか具合もさほどゆるくならないようなら、とってもお肌にいいのでおすすめです。
2週間くらいでおっ!と感じる変化がありますので、スーパーで一度探していただけたらと思います♪

暗い所で顔を見てみると…

読了までの目安時間:約 3分

 


今朝洗面所に入って電気をつけようとしたらつかない。

どうやら電球が切れてしまったようです。

まだLEDに変えていないということが露見してしまいましたね(笑)

入居してから15年たってようやく電球が切れました。なかなか頑張ってくれたのではないでしょうか。

ですが忙しかったので、とりあえず薄暗い洗面所で朝の洗顔をして、鏡を何気なくのぞいたんです。

すると、普段には気付かなかったようなシミがたくさん見えるではないですか。

光線の具合や暗さ加減で、シミの見え具合がかわるんだ!って気付いてしまいました。

ということは、薄暗いところでの私の顔は、こんなびっくりするようなシミが浮き出ているっていうことですよね。

先日ちょっとおしゃれなレストランでキャンドルのもとでお食事したんですが、いい感じ♪なんて思っていた私の顔が恐ろしいことになっていたということ。

なんとも恥ずかしくて身悶えてしまいました。

友人に話すと共感してくれて、ドラッグストアの鏡はシミが目立つことが多いと力説していました。

そしてデパートのパウダールームではきれいに映るんだそうです。

不思議ですよね~!

だけどデパートは、恐らく女性がきれいに見える光の種類や量を調整しているんだと思います。

いい気分でお買いものしていただかないと困りますからね。

そういう意味では、うちの洗面所はデパートのパウダールームの真逆をいく光の加減になっていたのでしょう。

しかしびっくりしたとはいえ、それが自分の顔の本当の姿なのだと知った私。

これはなんとかしないといけないなと心底思いました。

あまりファンデーションも好きじゃないのですが、こんなシミを人様の目にさらしていると不愉快にさせてしまいそう。

せめてほおの広い部分だけでもカバーしておかないといけないかなと真剣に思い始めました。

お肌に負担が少なくて重たい感じのしないファンデ、このお休みに探しにいってみようと思います。

お肌のガサガサがピークに

読了までの目安時間:約 2分

 


娘の運動会で日焼けをしてからちょうど1週間。
焼けたところがガサガサのピークを迎えています。
お風呂場でお肌が濡れていてもなおやわらかく感じないというのは、これまでの日焼けの中でも最悪のパターンだといえるでしょう。

同時に日焼けした主人はもう皮がめくれてきていますが、私は顔の皮がめくれるなんて耐えられません。
見た目も悪いですし、そもそも汚らしい感じがして女子としてはおぞ気が走ります。
なんとかその事態は避けたいので、毎日せっせと水分補給をしてはクリームで覆ってケアしています。

日焼け後のケアに関してはさまざまな説があって、クリームなんて意味がないという人もいます。
ですが実際につけてみると、やはりお肌は落ち着きます。数時間でまた乾燥してくるんですが、やっていて間違いじゃないと感じますね。
たとえて言うなら、生まれたてのお肌が思いがけず露出してしまって困っているのを、水分とクリームが助けてくれているという感じでしょうか。

恐らくターンオーバーが一回終わるまで、約ひと月はこんな状態が続くと思いますが、1日でも2日でも早くもとのお肌に戻りたいんです。
来月半ばまで、こまめな水分補給とクリームの重ねづけを続けていきたいと思ってます。

運動会でうっかり日焼け

読了までの目安時間:約 2分

 


昨日、娘の小学校の運動会がありました。
当初は雨ということで中止になりそうだったんですが、早朝5時の予報で回復に向かうと出たので「やります」ということに。
そこからバタバタとお弁当の用意などをして出かけました。

朝はまだ雨が上がったばかりだったし、降水確率もまだ20%あったので、「小雨がぱらつくかな」「雨よけに帽子がいるな」と考えて、小さめの帽子を持っていきました。
すると現地でみるみるお天気が回復して、初夏の強烈な日差しがこれでもか!と照りはじめて。
10時の時点で「失敗した…」と悟りましたが、もうどうすることもできません。

小さな帽子ひとつでしのげるはずもなく、頬から下がひどいことになってしまいました。
真っ赤になってヒリヒリ。これぞまさに「初夏のうっかり日焼け」ですよね。
いくらさっきまで雨が降っていたとしても、降水確率が20%あったとしても、こんなことになる可能性はしっかりあるんです。
初夏のお出かけは、雨が降っている、曇っているなんていうことは関係なく、大きな帽子と日傘は必需品ですよ。
それを身を持って感じた一日でした。
しかしこのダメージ、そうそう早く回復しそうにありません。とりあえず今はクールダウンさせるべくいろいろ試してみます。