40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

これって桜アレルギー?

読了までの目安時間:約 3分

 


わたしは毎年2~3月ごろに花粉症の症状が出ますが、今年はさほどひどくなっていませんでした。
秋から飲み始めた甘酒や酪酸菌の効果がかなり出ているなという感じがありましたが、このところアレルギー症状がピークを迎え、たいへん苦しい日々を送っています。
毎年のことなのですが、桜が咲くころになると症状が重くなるんです。
桜アレルギーなのかな?なんて冗談で話していたら、実際に桜アレルギーというものがあるらしいんです。

スギやヒノキといった花粉症の原因となるポピュラーな植物は裸子植物であることが多いのですが、桜は被子植物です。
被子植物の受粉は虫媒なので、広く花粉が飛び散ることはありません。
ですがやはり近付くとアレルギーを発症することがあるんですね。
我が家の周囲には桜がびっしり植わっている池があり、絶好のお花見スポットとなっています。
出入りするエントランスの脇にも桜が二本植わっていて、毎日そばを通り抜けることに。
なので桜アレルギーになる環境はそろっているといえます。

もっとも悩まされているのは、鼻のなかが閉じて息がまったくできなくなってしまうこと。
仕方がないのでマスクをして口呼吸していますが、いつも苦しくて落ち着きません。
特に横になると鼻のなかの圧迫がひどくなるらしく、夜中に何度も目が覚めてしまいます。
のどもカラカラで痛いし、日中は頭に綿がつまったようにボーっするし、涙が勝手に出てくるしで本当に困っています。

もう桜はほぼ散っているので、花粉が飛散することもなくなるでしょう。
ここからはどんどん良くなっていくことを期待しているのですが、今日はまだくしゃみも鼻閉もしっかりあります。
とはいえ鼻スプレーを使うまではいっていないので、例年よりもまだマシだといえるかもしれません。
アレルギーの季節が済んだからといって甘酒や酪酸菌の摂取をやめないで、来年の症状軽減に向けてずっと続けていきたいと思います。
こういった次善策も、スギ花粉症には効果があったようですが、桜花粉症にはあまり効き目がないというのも今年発見した新事実。
自分の体を実験台に、また次のシーズンも観察していきたいと思います!

今年の花粉症は少しマシです!

読了までの目安時間:約 2分

 


この春先はずっと花粉症の症状が軽く済んでいましたが、3月の10日を過ぎるころから本格的にひどくなってきました。
新聞の花粉予報が「非常に多い」となり始めるのに比例していますので、まあこれは仕方がないのかなと思います。
わたしはこれまでずっと、2月の中旬の花粉がちらほら舞い始めたときから敏感に反応してしまう体質で、誰よりも早くから鼻水やくしゃみに悩まされていました。
ですが今年は例年よりもおよそひと月、ひどくなるのが遅くなっています。

これまでと違ったことといえば、秋から酪酸菌と甘酒を飲んでいることくらい。
酪酸菌を飲んでいる人の口コミで、花粉症がマシになるという意見があるのは知っていましたが、あまり期待はしていませんでした。
ですがわたしのような一日一度しか酪酸菌を飲まないような、ゆるいケースでもしっかりと効果が出ているのが驚きです。

例年ならひどくなってくるとすぐに鼻の粘膜がはれて、鼻で息ができなくなってしまいますが、今年はひどいといってもまだ鼻呼吸ができています。
これはとってもありがたいことです!
鼻水はズルズルだし、くしゃみもたくさん出ていますが、鼻で息ができているのならよしとしようと思えます。
花粉症の何が苦しいって、鼻が閉じて口呼吸を余儀なくされることなんですよね。
この時期だけ仕方なく鼻スプレーなども使っていましたが、今年は使わなくても今のところ大丈夫そう。
花粉症の発症は困りますが、これくらいの程度ならあと一ヶ月くらいなら乗り切れそうだという感触を持っています。

同じように酪酸菌を飲んでいる娘はわたしよりもひどいですが、それでも例年よりはマシだということですので、やはり酪酸菌の摂取はアレルギー症状の緩和にはまあまあ効果があるように感じますね。
これからも続けて酪酸菌を飲んでいきたいと思います。

花粉症、今のところ発症せず!

読了までの目安時間:約 2分

 


例年2月の10日前後から、わたしは花粉症を発症してしまいます。
ある日急に鼻がムズムズしはじめて、くしゃみを連発。
2日もすると鼻水がダラダラ出て、鼻で呼吸ができなくなってしまいます。
それからは2ヶ月ほどマスク生活がつづくというのがいつものこと。
実際には、スギ花粉が飛び始める前から、PM2.5などの汚染物質にも反応しているんじゃないかなと思ったりもしていました。

ですが今年は、まだわたしの鼻は健康な状態を保っています。
鼻をかんだらたまに血が混じっていることがあるので、何らかの反応をしているようではあるのですが、まだ症状は出ていません。
この冬は、これまでにしていなかったことをしているので、もしかしたら花粉症にも効果があるかもしれない…という期待をしていたのですが、今のところいい感触です。

秋から酪酸菌を摂取しているのですが、これが花粉症の軽減にいいということを聞いているので、このまま続けていくつもりです。
厳密にいうと酪酸菌だけではなく、ビタミンCや甘酒も飲んでいるのですが、おそらくそれらすべての相乗効果で調子がいいのだと思います。
酪酸菌で腸の環境がよくなって、甘酒のビタミンB群で粘膜が健康になり、ビタミンCを継続して摂っていることで免疫力が向上しているのかなあと。

毎日花粉情報も見ているのですが、まだ今のところ少ないマークの日がほとんどです。
これからどんどん飛散するようになってくると、鼻水グズグズになってくるのかもしれませんが、それにしても今まだなんの症状も出ていないというのはありがたいです。
今年の様子を見て、来年からどのように花粉症対策をしていくか、参考にしたいなと思っています。

お肌の調子はよくなってきたけれど…

読了までの目安時間:約 3分

 


このところお菓子を食べていないので、お肌の調子はかなりいい感じです。
ほおの面積の広い部分などは、以前と比べるとだいぶきめが細かくなったように思います。
2週間ほどお菓子を絶つだけで、お肌がこんなにきれいになるんだなとあらためて実感しています。

ただ、この5月という季節は、わたしの体にはあまりいい影響を与えてくれないようです。
皮膚がかゆくて、つい触ってしまうので荒れてしまうんです。
特に目のまわりと、鼻のきわの部分がかゆくて、ついボリボリかいてしまうとそこが赤くなってしまいます。
しかもかいても満足はそのときだけで、また5分後くらいにはかゆくなってしまうという悪循環。
きれいな部分のお肌と、荒れてしまったお肌が混在しているという状態なんです。

この季節にお肌が荒れるのは、どうやら黄砂などの外的なものが要因になっているみたいですね。
花粉症の人は2月~3月くらいにかけてアレルギー症状が出ますが、いったん収まったのにまた症状が出たり、もしくはいっこうに収まる気配がなくずっと症状が続くといった場合に、黄砂やPM2.5を疑うということらしいです。
わたしはいったん花粉症が収まったのに、ひと月くらいたって再燃したという感じですね。

中国のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠からはるばる飛んでくる黄砂。
昔からこの季節には日本に飛んできていたはずなのに、どうして今になってアレルギー症状を引き起こしているのかというと、粒子に有害物質をくっつけてくるから。
黄砂のピークは3月~5月ということなので、もう少しの辛抱ですね。
梅雨時になれば雨が黄砂を洗い流してしまいますから。
スギ花粉のシーズンが終わって、アレルギーの薬をやめてしまったわたしですが、来年からはさらにふた月くらい飲む時期を延ばしてみようと思います。

せっかくお肌の調子がよくなってきているのですから、アレルギーで調子を損なうのはもったいないですからね。
目のかゆみと鼻のきわの荒れさえなければ…と、鏡を見るたびに思ってしまうわたしなのです。

40代の気管支炎

読了までの目安時間:約 2分

 


40代に入ってから、気管支炎にかかることが増えてきました。
小さなころから気管支があまり丈夫ではなかった私も、スイミングを始めてからめっきり元気になって、20代30代は何事もなく過ごしてこられました。

ですが40歳を超えたころから、季節の変わり目には必ずと言っていいほど気管支炎になるように。
一度かかると長くて、完治するまでにひと月以上かかることもあります。

今も気管支炎にかかっていて、咳止めとたん切りのお薬が手放せません。
お医者さんに聞いたところによると、40代に入って気管支炎かかりやすくなるのは、女性がとても多いそうです。
男性の2・5倍ということなのですが、理由はよく分かっていないとか。
空気の良くないところに住んでいたり、一時的にほこりっぽい環境になったりということが原因だといわれています。

私の場合は、花粉症が原因のようで、毎年春先にひどくなり受診しています。
先生に予防策を聞くと、花粉症なのは仕方がないとして、それを悪化させないようにすることが大切だそうです。
風邪をひかないように気を付けて、鼻水をこまめにかんで、気管に落ちていかないようにするくらいしかないようですが、完璧にできるものでもないので困ってしまいますね。