40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

ダンベル体操の思わぬ効果

読了までの目安時間:約 3分

 


あまりにもあごまわりのたるみがひどくて、最近では鏡を見るのがイヤになってきていたわたし。
ですがこれが、意外な方法で解消してきたんです。
それはダンベル体操。
体重を減らすというより、ゆるんだ体を引き締めたくて1週間前からダンベル体操を始めてみたんですね。
すると、2日目くらいでもう見た目に変化が起こりだしたんです。

特にエラから首にかけてのたるたるの皮膚が、ちょっと減ってきました。
気のせい?と思いつつ、次の日も続けてやってみると、さらに見た目に変化が。
これはもう気のせいなんかじゃないと、がぜんやる気が出ました!

あごまわりのたるみに効いていると思われるのは、胸を鍛える体操です。
ダンベルを持った両手を胸の前にまっすぐ伸ばし、それを左右に同時に開くというもの。
大胸筋を鍛え、さらに脇腹にも効くということで、20回を1セットとして2回やっているのですが、大胸筋と脇腹以外に顔にも効いているということになるんでしょう。

あまりに目に見えて効果があるので、ちょっと自己流にアレンジもしてみました。
腕を左右に開くときに、顔を右に動かします。そうすると右側の筋肉が引っ張られます。
そして次に腕を開くとき、今度は左に顔を動かします。
ただ普通に腕を開き閉じしているだけでもあごまわりに効いたのですが、顔を左右に動かすことでより効くのではないかと思ったんですね。

この予感は当たりました。
3日目、4日目と続けていくと、さらにあご周りがすっきりしてきたんですよ。
上半身が引き締まってきたのも確かですけど、今はあごまわりの変化がうれしくてたまりません。
やるたびに少しずつ効果が見えるなんて、これまでのウォーキングや顔のエクササイズではなかったことですからね。
というわけで日に2回のダンベル体操、とっても楽しんでいます。
体重の変化よりも体の引き締め、そして顔まわりの変化を求めているかたは、ぜひダンベル体操にトライしてみてくださいね!

想定以上の劣化

読了までの目安時間:約 2分

 


冬にインフルエンザにかかってから、日課にしていたウォーキングをさぼりがちになっていました。
一度中断すると、歩かないことが普通になってしまって、再開するのがなんだか面倒くさくなってしまうんですよね。
おりしも一番寒い時期だったのもあって、完全防寒するのがおっくうになってしまったのもあります。
そんなこんなで、およそ2か月間ウォーキングをしない日々が続いてしまいました。

最初はそれほど体に変化も感じなかったです。
ですが2週間ほど経つころには、少しずつ見た目に変化が起きてきました。
顔になんだかしまりがなくなってきて、全体的に下がった印象になりました。目じりも口元も、重力に負けてる感じが。
そして顔と首の境目があいまいになって、顔全体が大きくなった気がしました。
何よりも実感したのは、首が太くなったと感じたことです。
つまんでみると、以前よりも伸びる感じがあったので、首周りにお肉がついたのは明らかでした。

我が家には廊下に鏡があり、通るたびに自分の顔が目に入るのですが、もうたるんだ生気のない顔を見るのが本当にイヤになりましたね。
やはりウォーキングを地道に続けていくしかないんだなということが、さぼってみてよくわかりました。
しかもやめてすぐには表面的な変化がないけれど、その後一気に劣化が目に見えてくるんだということも理解できました。

春休みが終わり、新学期に入って子どもたちの給食も始まって、ようやく自分の時間が取れるようになってきたので、先週の金曜日から久しぶりにウォーキングを再開しました。
同じようなママを誘って、自分ひとりだから…という理由でお休みすることもできないようにしました。
もうあんな想定以上の劣化はこりごりです。雨が降らない限り、毎日のウォーキングを続けていくことをここに誓います!