寝る前のふくらはぎマッサージ

40代で主婦、美容オタクです。

むくみが気になる!

読了までの目安時間:約 3分

 


7月に入り、最高気温がぐんと上がってきました。
梅雨はまだ明けていないけれど、晴れの日にはもう真夏かと思うよな日差しがガンガン照り付けていますね。
熱中症にならないように水分をしっかりとるのはもうこの季節にはマストですが、そのせいかこのごろ夕方くらいから、手足がむくんでくるような気がしています。
手はグーにしたときにちょっと違和感があるなと感じるので分かります。
そして足は、お風呂場の鏡に映るふくらはぎの太さで分かるという(笑)
こんなに足太かったっけ?って思うのが数日続き、わたしもしかしてむくんでる?と気付いたんです。

寝る前のふくらはぎマッサージ
ですがむくむのがイヤで水分を控えるというのは根本的に間違っていると思いますので、時間とともに下がってくる水分を、また上に戻してやることを考えています。
おとといから始めたのは、寝る前のふくらはぎマッサージです。
寝る準備をすべて整えたら、布団の上にあおむけに寝て、足を持ち上げます。
そしてその状態をキープしたまま、くるぶしからふくらはぎを少しずつもみほぐしていきます。
ひざまできたら、またくるぶしに戻り数回繰り返します。
これがとても気持ちいんですよ。
やれば目に見えてふくらはぎの太さが変わる!っていうことではないのですが、停滞しているリンパを少しは流せているような気になります。

ふくらはぎが終わったら、次は両手を上に上げてブラブラと振ります。
そして片手で逆の手首をつかみ、そこから下へと軽く圧迫しながらずらしていきます。
足と同じ要領ですね。
リンパはそのまま放置しておいたらどこにも流れて行ってくれないので、一日に一度でもこうやって押し流すことは有効なのではと思います。
あと、むくんでいるなと感じたら、トイレにいくことも地味に心がけています。
水分がたまるタンクをからにしておくこと、そしてむくみ流しのマッサージをすることで、少しでもめぐりのいい体になれたらと思います♪

 

この記事に関連する記事一覧