40代 主婦 美容ブログ

40代で主婦、美容オタクです。

緑茶でインフルエンザ予防

読了までの目安時間:約 2分

 


娘たちの通う学校でも、インフルエンザによる欠席者が増えてきました。

ちらほらと学級閉鎖が起きている学年も出てきて、生徒たちの間に広がるのも時間の問題でしょう。

集団生活をしていると、こういった流行病の感染はもう仕方がないことですが、看病する側としては、できるだけうつされず万全の体調で対応してあげたいものです。

一昨年は不覚にも娘からインフルエンザをもらってしまい、1週間ほど寝込むことになってしまいました。

軽く済んだねとのちに言われましたが、とてもじゃないけれどそう思えなかったのを覚えています。

できれば今年はインフルエンザをもらいたくないと思い、先週から密かに対策を立てています。

それは緑茶を飲むこと。

緑茶に含まれるカテキンに、インフルエンザの発症を抑える効果があるという研究結果が出ているんです。

1日に2杯の緑茶を飲むと、インフルエンザの発症率が38%下がるそうです。

さらに飲む数増やすと、5割近くなるという驚きのデータが。

カテキンは一般的な茶葉に含まれている成分ですが、発酵が進むにつれて量が減っていきます。

ですから発酵させて作るウーロン茶や紅茶などには、カテキンがあまり含まれていません。

カテキンを摂取するには、やはり緑茶が適しているのですね。

緑茶の中でもとくに煎茶に多くカテキンが含まれているということですので、さっそく煎茶のバックをたくさん買い込んできました。

インフルエンザウイルスは鼻や喉にたくさんいるといわれていますから、緑茶で喉をうるおすことは、ウィルスを体に入れないためには有効なのですね。

緑茶はとても風味がよくておいしいので、今まで水ばっかり飲んできた私ですが、この冬は緑茶に切り替えて体調管理に努めたいと思います!

その痛みは四十肩・五十肩かも?

読了までの目安時間:約 3分

 


昨年の秋くらいから、上着をはおるときに「左の肩が痛いな」と思うようになってきました。
伸縮性の良いカーディガンなどを着ている時期には、たまに思う程度。
ですがしっかりとした生地のコートを着るようになった冬からは、明らかに毎回左の肩が痛むようになってきたんです。

しばらくの間、「寝違えたのかなあ」「寝る姿勢が悪いのかなあ?」などといろいろ考えていました。
確かに私は左側を下にして寝ることが多いため、左の肩が痛んでるのかもしれないと思ったことも。
ですが肩の痛みについて調べているうちに、どうやらこれは「四十肩・五十肩」といわれる症状なのだとわかってきました。

四十肩や五十肩は、肩関節周囲炎という病気です。
筋肉痛や肩こりではなく、肩甲骨と上腕をつなぐ大切な関節に問題が生じているんですね。
本来ならば筋肉やじん帯・腱が肩関節をサポートしてくれているため支障はありませんが、老化に伴いこれらの働きが鈍り、肩の関節に違和感を生じるようになっているのです。
要するに老化現象なのですね!

正直なところ、四十肩だと気づいたときにはショックでした。
「頼むからただの肩こりや寝違いであってほしい」と思いましたが、あまりにも症状が四十肩に当てはまるため、最終的に受け入れざるをえませんでしたね。
これは放置しておいても治ることが多いそうですが、適度に肩関節を動かしていくことで、症状が緩和されることが分かりました。

私は普段からダンベル体操を行っていますが、この体操を肩の関節に負荷がかかりすぎないようにしながら、ゆっくりとやっていくといいそうです。
肩に痛みがあるときは無理をせず、温めることも効果的だとか。

主婦である私は買い物や用事で、1日に1度くらい外に出かけます。
その都度コートを着るのですが、やはり今も左肩に走る痛みが。
もう今では仕方がない、あまり無理ができなくなってきたのだという事実を実感しています。
なかなか気分が下がることですが、だからって目を背けてはいられませんね。
老いを受け入れながらも、これ以上痛みをひどくしないために、できることをやっていこうと思っています。